「ほっ」と。キャンペーン

ピンチがチャンスに 入院生活で出会った人たち

管が首からのドレーン1本だけになり、自分で歩けるようになりました。

食事もおかゆが出てそれだけで満足でした。

手術前から、看護実習生の学生さんがついてくれて、検温など看護してくれていました。

手術後また様子を見に来てくれました。その後、看護教員の方がお話をしに来てくれました。
術後はまだ髪の毛もボサボサで、顔もしばらく人と話していない原始人みたいな顔つきになっていて鏡で見てどうしようかと思いました。
b0099084_13255237.png

そんな時に女優の鈴木保奈美に笑顔が似ている先生とお話ししていると、眠っていた脳細胞が活性化してきました。

私が日本の医療の素晴らしさや、日本に生まれてよかったですというお話をしました。
先生は、自分が若いころ厳しく教えられたことは忘れられないので、彼女たちにも、厳しく教えていますと教えてくれました。

なんだかそういうお話が聞けてうれしかったです。

実習生の学生さんもとても聞き上手で、精神的に回復が順調にいったのも、思えば、私が余計なことを考え始めたころ、カーテンを開けて挨拶にやってきてくれたからよかったのです。

髪を洗って乾かしてもらったり、シャワーのつきそいをしてくれたり、足湯マッサージをしてくれたり、お話をしたり和みました。

1週間の実習の最後の日は、名残惜しかったです。

命の大切さがわかったのは、自分が命にかかわる大きな病だったこともあります。
そして、看護師さんや看護師さんの卵の人たちと接して、朝から晩までずっと、命を守ろうとして、エネルギーを傾けて生きている職業の人たちと出会えたことが大きかったです。

精神的に、守られていました。
今もありがたいと思い、自分の体を大切にしようと思います。通院は、何か月に1回かですが続きます。

自分の人生の折り返しを過ぎたところです。ゴールはまだ遠いですが、入院してなんとなく、生きるって素晴らしいなと改めて気づいたこと、これからの人生で役に立つでしょう。

みなさんも、どうか、ご自愛ください。
[PR]
# by ekiseicherries | 2016-12-31 07:55 | その他 | Comments(2)