なつかしのポップス 70年代 洋楽



歌姫シリーズ続けます。
好きな女性ボーカルのコメントくださった方の中に、リンダ・ロンシュタットがあり、名前は聞いたことがあり、何回も来日していて、ということは覚えていまた。曲を聞いたらしみたので紹介します。
いろんな人のカバーを歌っていて、イーグルスのDesperadoという歌が、心にしみたのです。アップテンポの代表曲イッツソーイージーは、明るいイメージで彼女とダブルのです。この曲は、ちょっとイメージと違ったのと、歌唱の力が圧倒的でした。

イーグルスといえば、ホテルカルフォルニアで有名です。リンダのバックバンドのメンバーが独立して結成したのがイーグルスで、その後もリンダとは交流があるそうです。バンドの姉貴分的な存在だったそうです。

オリジナルはイーグルスが1973年に同名のアルバムの中の曲で、シングルでは出ていません。リンダがイーグルスより先にアルバム Don’t Cry Now で発表しました。
いろんな人にカバーされてデスパレードは、無法者、ならず者といった意味です。

いろんな人がカバーして、今やスタンダードナンバーになっているそうです。

1977年のライブツアーで歌われた様子では、声量がライブでこれだけ出ているのは、素晴らしいです。
二の腕のラインが美しく健康的セクシーな魅力をふりまいていますね。
ジーンズとブーツ、アメリカンで陽気な感じの中、この曲の歌い始める前は、うつむいて、歌の世界に入っています。歌い始めてからも表現力豊かで、歌手って歌がうまいだけではなく、女優のように歌を表現する力もいるのだと思います。

心にしみるというのはそういう表現力ある歌手が歌っているからなんだなと、彼女が教えてくれました。
[PR]
by ekiseicherries | 2015-01-29 08:39 | 芸能 | Comments(2)
Commented by mabo89 at 2015-01-29 09:17
チェリーズさん!良い名前をだしますねぇ~~!爆
実はリンダロンシュタットを聞きイーグルスのホテルカリフォルニア
を聞いて大学を出たら絶対アメリカのカリフォルニアに行き
ホテルカリフォルニアを見に行こう!と決めアメリカに行った
のです。でもホテルカリフォルニアのあのジャケットの写真は
名前がホテルカリフォルニアじゃなかったのでショックでした。
(調べてから行けよ!ちゅうねん。爆)
でもアメリカに住んでた頃、ラスベガスに車で行く時、
デスバレーを走行中に砂漠の中の1本道を走りながら聞いた
イーグルスのTake it easyは凄く凄く良かったです。
ガソリンが減って行くのを見ながらスタンドが無いので心配は
してたんですが、それを忘れるほどあの風景にマッチした
曲でした!
Commented by ekiseicherries at 2015-01-29 10:01
マボさん
リンダロンシュタット、今大人になって聞くとしみる歌手だったとは!そのアメリカのきれいなお姉さんというイメージからは思いもよらず。ホテルカリフォルニアあのジャケットのLP、ロスアンゼルスでガレージセールで買い求めました。うれしかったですねえ。80年代の後半夏の短期語学留学へUCLAへ英語の勉強に親に行かせてもらった時です。
私もあのホテルは、そのままあると思っていましたが、違うホテルの名前なんですよね。中学生の時に聞いて、家で夕日を見ながらこの曲のジャケットの写真を雑誌などで見ると、カリフォルニアに憧れていってみたいなあと思いました。親戚がいたので子供のころ夏にアナハイムの親戚に一家で滞在させてもらったことがあって、そのままおばちゃんのところにいてアメリカに中学は行くか?と聞かれるぐらい気に入っていましたが、王選手のホームランの世界記録が気になっていたので日本に帰りました(笑)70年代や80年代のカリフォルニアはやっぱり憧れでしたね。
デスバレーへはカナダ滞在時にベガスからクラスメイト4人とレンタカーで行きました。ほんと、一本道で、スピードが出て、友人が飛ばしていつの間にか、白バイが来てスピード違反で、切符切られました。踏み倒すという意見が出たのですが、公務員の娘、お寺さんの生まれなので堅かったので反対しました。アメリカに二度と入国できなくなるよと諭し、一人20ドルぐらいずつ払って出国前に振り込んだような記憶があります。
とにかく気持ちいい道でしたけど、砂漠ですよね。みずみずしい街バンクーバーから飛んで行ったので、厳しい自然にびっくりしました。春で雪が降るところもあるのに、ちょっと走れば砂漠があり、アメリカの大きさを感じました。
イーグルスは、また、そういうアメリカの風景にあいますね。まっすぐな一本道で地平線が見えるような場所で、対向車がそんなにいない場所って日本にはないですよね。
大陸ならではの光景ですね。


<< あー悔しい。 なつかしの80年代ポップス シ... >>