カテゴリ:試合( 21 )

日本家庭婦人ソフトボール協会桑名市長杯


またまた、写真なしのソフトボール大会のレポートです。
試合の写真は撮ったんですが、どうやって取り込むかが謎なんです。

ママさんソフトの試合があるので試合会場と、市会議員さんの市政報告会の前にちょっと見に行くはずが。。

結局試合終了まで見て、混合チームの試合まで見てお昼までいました。市会議員さんせっかくお知らせもらったのに行けませんでした。楽しくて足がその場から動かないのです。

星川レディースターズと多度ビーンズの試合、20対2で星川がコールドゲームで勝ちました。

多度チームは、試合前の練習が8名しかいないのでどうなるのかと思いました。試合開始には9人試合中は控えもう一人がいたようでほっとしました。

益世チェリーズの一員だった頃、よく多度とは試合しました。

星川はぶっちぎりで強いので最弱のチェリーズと試合は当たらないように配慮されていました。
もしあたったら、試合終わりそうになさそうでした。

多度チームは、のんびり力が抜けて試合を楽しんでいるようです。

涼しい風が吹いていましたが、グランドは日差しが強く、立っているだけでもすごいのに、よく試合集中していられるなあと思いました。

あの中に私もちょっと前までいたのが遠い昔のようです。

70代の選手もみえるようで、すばらしいです。

多度チーム応援していたら、なんだか入ってプレーしたくなりました。

控えでいいのでキャッチボールだけでも。しかし星川チームと毎回対戦するのってプレッシャーかも。

しかしチームメイトとおそろいの憧れのユニフォームが着られるのも悪くないな。

チェリーズは体操着にゼッケンだけのゆるいユニフォームでしたから。

でもね、あのチェリーズのチームメイトが一番爽やかで、バイタリティーあふれてて好きでした。

みんなの笑顔が良かったです。

多度チームは月2回の練習があるそうです。ゆるそうです。チェリーズは一応毎週日曜に練習がありました。

入れてもらおうかな。自分の足首と主治医に相談してみます。
[PR]
by ekiseicherries | 2014-05-25 13:09 | 試合 | Comments(6)

あこがれの実業団チーム

三重県のソフトボール協会のブログを見ていたら、先週の実業団二部リーグの試合の記事がでていました。

大会の2日めには、地元の中学生チームが始球式をしたり、高校チームが試合のお手伝いに来てくれたそうです。

おばさんから見ても、キラキラした美しい輝きを思い起こさせてくれるので、少女からみたら憧れの世界でしょう。

桑名でこんな大会が開けたのは、桑名のソフトボール協会が働きかけて誘致していただいたおかげです。
多度地区にあるアイリスパークのような球場が2つあって、駐車場も広いというりっぱな施設が
あるからできたのです。
多度出身の伊藤市長のお写真、、もうちょっとかっこよく見えるお写真ありました。
ちゃんと腰が入って投げているじゃないですか。市政も役人にはぜひ腰を引かずに、真正面から対峙していただきたい。
少年時代にソフトボールやっていたのかもしれませんね。それとも、経験者の部下から特訓を受けたのかしら。
またまた親しみがわいてきたではないですか。どうしよう。イヤやわ〜。

b0099084_7363020.jpg


なんでも、地元の小学生中学生チームが県大会、全国大会へ出場することが増えたので、子供たちに生で実業団のチームの試合を見せてあげたいというソフトボール協会理事の方が地方紙にコメントをしていました。

b0099084_7302343.jpg


大会2日めに始球式をする明正中学ソフト部バッテリー

こういう始球式ってバッテリーで出るものなんですね。なかなか気が効いた演出ですね。
中学生にとって、思い出になるし、励みになりますね。
今年も県大会へ連れて行ってね。
去年は全国大会へも出場したそうで、すごいじゃないですか。

私は、自分を明正中ソフト部初代キャプテンだと思っていたのですが、最近中学の大先輩とお話して、昭和30年代にはソフトボール部があったらしく、一回廃部になり、それを私達で復活させたのが50年代でした。

なので私は初代キャプテンではなく、明正中ソフトボール部を復興したキャプテンだったのです。
明正中学は桑名で最初にできた2つの中学校の一つで伝統あるし、校風も、穏やかで勉強熱心というスクールカラーがあります。私の頃は、文武両道、部活動も活発で、1年の頃は、やりたい部活がなかったので帰宅部
でお勉強ばかりしていました。そんな私と親友を他のクラスメイトたちは、信じられない目で見てました。
せまい校庭にひしめきあってクラブ活動していた昭和の時代でした。

明正中は昭和のマラソンランナーで、オリンピックにも出場した瀬古選手の母校でもあります。
その当時、体育の試験で、福岡マラソンで瀬古選手は何時間何分の記録を出したか?という問題を先生が出すくらい、母校のヒーローでした。
冬になると、授業前に皆で校庭をぐるぐる走る鍛錬もあったし、体育の授業はもちろん後者の周りをぐるぐる回るロードレースの練習が熱心でした。先生はやはり教え子であった瀬古さんの影響受けてたのかもしれません。マラソン大会とは言わず、ロードレース大会がありました。ねんざする前には、足首完璧でしたし、身軽でしたから得意でしたよ、長距離も。

私が体育の先生だったら、教え子が日本を代表するマラソン選手になったら、うれしくって、体育の授業は、毎回走りこみさせたいですよ。話がそれましたが、桑名バンザ〜イ!

ずっと桑名市が続くように願います。
[PR]
by ekiseicherries | 2014-05-25 08:04 | 試合 | Comments(1)

ソフトボールの試合見に行ったのよ

先週の金曜日、桑名市内で女子ソフトボールの実業団の2部リーグの試合があったので見に行きました。

風が強く、ちょっと見たら帰ろうと思っていました。
2試合やっていて、近くの会場の試合を見ました。屋根がついているスタンドが三塁側だったのでそこのチームを応援することにしました。真っ赤なユニフォームの日本ウエルネスと、紺のユニフォームの日本精工との試合で
3塁側は、日本ウエルネスでした。日本ウエルネススポーツ大学というのが正式名称で、初めて聞く名前です。
なんなんでしょうね、

若い選手が多く、高校出たてという感じの投手が多く、応援団もまばらでした。
相手チームは、トランペットと太鼓持って、実業団の応援団がいて、バスも会社名が入ったバスでした。
日本ウエルネス御縁談はペットボトルに、ビーズか豆か詰めてそれを2本ならして応援してましたよ。

序盤は、2対2で緊迫したゲーム展開でしたが、満塁ホームランを含む3本のホームランを打たれて真っ赤なユニフォームのチームは、ボロボロに負けてしまいました。

自分が降板したあとも、投球練習をするエースナンバー18番をつけた選手の、悔しそうな、でも今度は負けないぞという目を間近で見られて、なんか、感動しました。

ファールボールも何回も近くに飛んできて、スリリングなのも、実業団だからだし一部リーグの実業団の球場ってもっと大きいのでファールボールも届かないぐらいです。

14対5で試合に負けたあとも、日本ウエルネスの選手達は、投球練習をやっていました。
ドラゴンズの二軍選手の試合を見に行った時のことを思い出しました。ドラゴンズの二軍の試合ってナゴヤ球場であり、真夏でも、試合後残って練習があるのです。
プロって死にものぐるいで練習するのだなと驚きました。

次の試合のチームが来たので場所を譲っていました。
次のチームも、スタンドの観戦客に、選手たちがこんにちは!とスレ違うときに挨拶をしていて爽やかでした。
ずっと、そこにいたかった。でもお腹が空いてきたので帰りました。

生で見るソフトボールの若い子の試合はよかったです。迫力ありました。

写真も撮ってきたのですが、新しいソフトでいまいちよくわからないので、後日掲載します。

桑名市長も、多度地区出身なので、始球式したそうです。

なんたって桑名を有名にしたいらしい郷土愛あふれる青年市長だもんね。

でもそ全然似合ってないところが、一生懸命お仕事されている感じがして、なぜだか好感持てました。


b0099084_11345282.jpg



帰り際、コーチらしき女性に、赤いユニフォームがかっこよくて、選手たちから元気をもらいましたとひとこと声をかけてきました。

球場を出て、荷物を背番号10番(キャプテンナンバーです)とたまたますれ違ったので、お疲れ様、元気出ましたと、いうと、「ほんとですか?ありがとうございます。」ときらきらした瞳で爽やかにお礼を言ってくださいました。

真っ赤なユニフォームときらきらした瞳、日焼けも気にせず、ソフトボールをひたすらしている乙女たちがいるのです。

ソフトボール女子ばんざい!
[PR]
by ekiseicherries | 2014-05-23 11:40 | 試合 | Comments(2)

桑名市民ソフトボール大会

今日の試合は、メンバーを他チームからお借りして、あとOGのにわさんと、もう一人ピッチャーをやってくれた方、みんなで戦いました。
相手チームは、なんと最強の星川さんです。
私オカノは第一試合で助っ人でビューティーズさんへ参加し、2試合もこなしました。

試合は、26対1でコールド負けでしたが、思ったよりビビりませんでした。
サードキャプテンふみよちゃんも、強烈な星川チームの打球を何回も体を張って受け止め、ナイスガッツ!!でした。

この試合後半は、ショートに何回も打球が来て、大繁盛でした。
打球は止めても投げられなかった(足がもつれ)こともありましたが、何回かアウトに出来て、いい気分でした。

試合前は、とっても緊張するのですが、いいプレーができると、もうちょっと上手くなりたいという気持ちが出てきて、止められない止まらないです。

攻撃はキャッチャーともちゃんの目の覚めるような、レフトへの二塁打をきっかけに1点入りました。
b0099084_1656234.jpg
b0099084_1657236.jpg
b0099084_16575619.jpg


写真はそのともちゃんの二塁打を打った打席と、走塁です。なかなかこんないい場面はめったに撮れません。

私は第一試合の開始前で用事があり走っていたらバックネットの後ろで転んで足をくじいたので少しブルーですが、来月までには治しておきます。いつものような試合が終わった達成感はないですが、楽しかったです。

5月とは思えない暑い日でした。
[PR]
by ekiseicherries | 2009-05-10 16:58 | 試合 | Comments(0)

桑名市長杯・行田杯

b0099084_9312044.jpg

9月7日日曜日いつもの大山田ソフトボール専用球場で桑名市長杯・行田杯が行われました。
7月の試合のとき理事長さんにお聞きしたら、行田杯とは行田市と桑名市が江戸時代から交流があって友好都市なので、ソフトボール協会も交流試合を行っていたそうです。今は試合の行き来はないけれど行田杯っていうのが残ったそうです。

さてチェリーズは2試合目からで、1試合目はあいているので他の試合の審判やスコア付けなど係がまわってきました。2塁審判をやったのですが、ボールが来たらよけなければいけないという緊張感もありましたが、なにより初めての経験と交代がないのですっと炎天下に立ちっぱなしは体力消耗して、自分らの試合を前にして早くもヘロヘロになりました。

しかし、強力膝サポータを付けいざプレーボールになると、気持ちがしゃきっとして、体が勝手に動くのです。この横に増えたボディーの能力を考えずに、気持ちだけ中学生といっしょですから、ショートの守備でもダイビンクキャッチして(グローブで取れずゴロをあごで止める)なんと特別賞をいただきました。

打席では、3番で1打席目はレフト前に速い打球が行ってクリーンヒットでした。膝の調子がいまいちだったので盗塁は今回はやめとこうと思っていたのに、相手のすきを見てドタドタと二塁へ行きました。

2打席目は、2塁後方へふらふらと上がった打球がヒットになりラッキーでした。
また盗塁しました。この試合もコーチに来て下さったホリタさんご主人が一塁コーチャーに入られたのでやっぱり、気合が入りすきを見て盗塁でした。
この回、3塁へ進塁のとき惜しくもアウトになりましたが、スライディングができました。
中学生以来20何年ぶりです。ひざのけが以来まさかやれるとは思っていなかったのですが、
サポーターの安心感と、どうしてもセーフになりたいという気持ちで勝手に体が動いてしまいました。

3打席目はゲッツーくずれで凡退でしたが一塁には残りました、
このころは暑さで頭がぼーっとしてきたので気迫が足りませんでした。

5回までに7点差をつけられたのでコールドでゲームセット。
負けた悔しさより、早く終わったという開放感で、スコアを見るのを忘れました。
2点は入ったと思います。

今回も負けたけど、いいプレーが随所に出ました。キャッチャーフミヨちゃんが、2塁盗塁を阻止。チーム最年長セカンドのカトウさんがうまくキャッチ。ナイスです。チェリーズもやればできるんです。

そしてピッチャーともちゃん。今シーズンずっと尻上がりに調子が出てきました。
部活経験者の多いビユーティーズ相手に三振も何回も奪っていました。ビューティーズは学生時代に右から左へ転向した打者が多く、他チームにはない左打者が連続して投げつらかったと思います。よくがんばってくれました。
調子が良かった証拠にフライが多かったです。

10人メンバーで臨んだ試合で、途中ファーストひとみちゃんが暑さでダウンし、タカハラさんに交代というハプニングがあり、9人ぎりぎり一人倒れたらどうなる?!という映画「逆境ナイン」のようなピンチでしたが、いい試合でしたよ。

試合前は1週間前から緊張して気分が重たい私なのですが、閉会式を終え、解散し終わった後の開放感というか達成感が最高に気持ちいいと知りました。

チームでの試合はいいプレーが出た時にチームメイトと一緒に喜びを分かち合えるのが大きいです。大人数での苦労もありますが、なかなかできない素晴らしい経験ができるのがなによりです。

写真は両方マネージャーのノブちゃんです。上は打席でホリタ臨時コーチの試合前作戦で全員バントでかきまわす作戦実行中です。下の写真はフォアボールで一塁へでてすきあれば進塁をねらっている様子です。
b0099084_929384.jpg

[PR]
by ekiseicherries | 2008-09-12 09:20 | 試合 | Comments(0)

中電杯その2 キャプテンヒットの瞬間

b0099084_16402252.jpg
昨日一昨日と、試合のダブルプレーの感触が忘れられず、感激していました。
暑かったので試合後タオルを首に巻いていたら、汗とタオルの顔料が混じって、タオルの模様の△の湿しんが出来て、医者に行ってきました。
けがをしなかったと思ったらとんだハプニングでした。
それほど暑かったのですね。

さて、キャプテンのヒット打った瞬間の写真です。
キャッチャーというポジションは重労働です。そして、みんなをまとめてくれて本当にありがとうございます。
あなたのおかげで私はこうしてソフトボールができて幸せです。それから、キャプテンのご主人、数年前に試合を見学に行った時に、スカウトしていただきありがとうございました。

b0099084_16544794.jpg

[PR]
by ekiseicherries | 2008-07-09 16:47 | 試合 | Comments(0)

中部電力杯 速報

梅雨の晴れ間の今朝、中電杯ありました。朝は地面から水蒸気が蒸発してムシムシしていました。だんだん晴れてきたのですが、立っているだけで息切れがする日でした。

さて、私た益世チェリーズは今日はメンバー10人で、控えのメンバーがいて、安心でした。
試合前のノックはホリタさんご主人登場で、私も守備位置について練習できて、よかったです。
ありがとうございました。
三塁コーチボックスにもキャプテンご主人が立っていただき、本当に助かりました。

試合展開は5回コールド13対3で負けました。しかし3点入ったというのは久しぶりだったのでうれしかったなあ。

相手チームのピッチャーはけっこうベテランの方でコントロール抜群で優勝チームもきりきりまいしていました。

今回は暑いのでお昼休憩がありました。私がチェリーズに入って4年(1年怪我で中断)ですが記憶にある限り初めてでした。それだけ暑い日でした。

個人的には、出塁率100%で、大満足でした。一打席目はデッドボールで2,3打席はヒットを打ちました。
守備も、生まれて初めて、ゲッツーを取ったのが忘れられない思い出になりました。
ショートにフライがきて、倒れこみながら二塁のカトウさんへトスしたのです。それで3アウトになって守備が終わりました。

柔らかいグラントだからこそできるプレーでした。
写真は最終回走者2,3塁の場面です。このあとキャプテンとピッチャーのトモちゃんホームインで2点入りました。
b0099084_17515562.jpg

[PR]
by ekiseicherries | 2008-07-06 17:46 | 試合 | Comments(0)

市長杯 ひとみちゃん打席

さて、気を取り直して、この前の試合を振り返りましょう。

ひとみちゃんの打席です。多度山がうっすらと見えてきれいでした。

やっている私たちは、無我夢中で暑さも忘れて熱中していました。

少なくとも

私だけは。
b0099084_1332919.jpg

[PR]
by ekiseicherries | 2008-06-17 01:34 | 試合 | Comments(0)

今度の試合出ます。

次の試合は7月6日の日曜日場所はいつもの大山田の公園だったかしら?

私は、とりあえず、いとこにすべてをまかせて桑名に帰ってきました。

お彼岸辺りまではもう行かないので、また、マネージャーののぶちゃん
顔見に来てください。

それでは、とりいそぎ、報告だけしておきます。

それから、取材申し込みの件は、キャンセルしておきました。

お騒がせしてすいませんでした。
[PR]
by ekiseicherries | 2008-06-16 11:34 | 試合 | Comments(0)

会長杯

朝からいい天気の中、試合がありました。
深谷グランドでした。
1回戦で9対1で負けましたが、対戦相手のビューティーズさんは、なんと優勝しました。
おめでとうございます。
私も怪我もなく終わってとりあえずホッとしてます。

メンバーが9人ぎりぎりで、普段と違うポジションで奮闘しました。

b0099084_1448470.jpg


写真はシマダさんの打席です。
[PR]
by ekiseicherries | 2008-06-01 14:48 | 試合 | Comments(0)