<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

のど自慢予選でました。

さて、のど自慢、テレビに出て、日本中、いえ、世界中(衛星放送で海外でも放送します)に、えきせいチェリーズの宣伝が出来るか?否か?

夫と、友達、そして、会場にはメンバーのタカハラさんも観に来てくれていました。

はがきが当たってから実は急にプレッシャーで、胃が重たくなるし、前の日まで、衣装は決まらないし、キャンセルしようかと思いましたが、いろんな人にいいふらしたので、まあ、行くだけ行こうという気分でした。

記念の参加賞のNHKのどじまんバッチがもらえればいいや~という気楽な気分で、順番を待ちます。

20番ごと並んで、順々に舞台の椅子に座って、だんだん順番が近くなってきます。
でも、ニコニコと余裕があってむしろ楽しんでいました。

いざ、次の順番の人が座る椅子に座って、頭の中が真っ白になり、歌詞が急に思い浮かばなくなしました。

歌詞を復唱して思い出し、いざ、本番。マイクが渡されます。
バックには生バンド。

イントロが流れると、体が少し震えてきました。
声も思ったほど声量が出ずに、高音の声が裏返るし、まるでだめでした。

やっぱり、なんか、一人じゃだめだ~~~。
前回は友達と2人で出たし、かなり友達の声量があったし、キーも低めだったなあ。。

夢をあきらめないではキーが高すぎたみたいです。

一人40秒という時間が来て、 ありがとうございました という機械の女性の声でストップの合図がきて、舞台からおりると、徳田アナウンサーに一言聞かれました。

「今回、のどじまんは初めてですか?」

「いいえ2回目です。」

と答えると意外そうでした。

で、参加賞のバッチをもらって、帰ろうとすると、誰かに呼び止められ

間違ってたらごめんなさい、あなた~ コクブ(旧制です)さんですよね?

高校の時の同級生が、わたしの 歌ってる姿を見て、ひょっとしてと思って声をかけてくれたのです。
曲名を言うときの話し方が高校の時と変わってなかったそうで、気がついたそうです。

高校の時は進学校で地味で暗めのキャラだったので、どこでイメージチェンジしたの?あのあと人生に何があったか?という話で盛り上がり、その後の予選の間ずっとしゃべってました。

お父上が参加したので応援に観に来ていたそうです。

歌い終わって20分後に、ロビーのモニターの大画面で、自分のテレビに写っている姿が放映されるのですが、見逃しました。さらに遅れてお横の小さめの画面でも観れるのですがそれは観ました。
ちょっと恥ずかしいです。

はがきは1000通応募があったそうで、250組予選に出て、20組がテレビに出られるのです。

まあ、そのまま帰ろうかと思ったのですが、念のため結果発表までいました。

ロビーではのど自慢に使われていた鉦が展示してあったので、写真撮っておきました。

この日のために名古屋のデパートまで言ってそろえた衣装で記念撮影しました。

どーっと疲れましたが、高齢者のみなさんも合格されていたので、今後もまた出たいです。

その時には、仲間を道連れにしたいです。1人よりも二人、二人よりも三人ですね。

その時は、みなさん、横断幕持って予選には応援に来てください。
本番は当選者枠の観覧券が何枚かもらえるそうなんで、生で歌手が、観られますよ。

そのまえに、メンバー募集です。
一緒にのど自慢出てみたいなっていう人、連絡ください。

コメント欄にひとこと書いてください。
もしくは、メールを次のアドレスまで送ってくださっても結構です。
ekiseicherries@excite.co.jp

もちろん、ソフトボールやりたい人、大募集中です。

待ってます。
[PR]
by ekiseicherries | 2010-02-25 09:30 | メンバー紹介 | Comments(2)