<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

淡路島 続き

ちょっと間が空いてしまいましたが、淡路島の続編です。
2泊して最後の日にやっと天気が回復し、淡路島の南端から北上して帰る途中、伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)へ行きました。
津名というICで高速道路を降りて20分ぐらいのんびりと車を走らせると、立派な灯篭が道沿いにずーっと続き迷うことなく着きました。

b0099084_14264528.jpg


淡路島は神話では日本で最初に出来た島です。その国を産んだ神様を祀っています。

そして伊勢神宮を真東に臨むので伊勢神宮を参拝する場所もありました。

そして樹齢900年の天然記念物の夫婦大楠があり、縁結びの御利益があるとか。

b0099084_14474857.jpg


そのたもとに絵馬をかけて、お願い事を書いておきました。

無病息災と、国家平穏です。

国の土台がしっかりとしていないと、個人の幸せは揺らいでしまいますからね。

b0099084_15322349.jpg


TPP、なんとしても阻止しなければ、国民の富をアメリカの餌食にされたらたまりません。


きれいなお庭も見てこの頃、TPPの条約の内容についての不条理さばかり考えていたのでこころが静まりました。

b0099084_1510492.jpg


帰りにまた明石海峡の手前のサービスエリアで休憩して帰りました。少しまったりとくつろぐ時間があり天気も良かったので鋭気を養いました。

スターバックスがあるSAは下りなので帰りの方向とは逆なのですが、検札を通って通る道があったので行けました。あまりに広くてちょっと不慣れな旅行者なので戸惑いました。

スタバの横に大きな観覧車があるのですが、何台か大きなクマのぷーさんのぬいぐるみが置いてあるのでなごみました。子供なら大喜びでしょうね。

b0099084_15412312.jpg


そして淡路島と神戸を結ぶ明石海峡大橋を通って帰ります。

b0099084_15574265.jpg


橋は下を船が通れるようになっているから高くて、高所恐怖症な人にとっては、運転しながらも怖いはずです。
b0099084_1652416.jpg


帰りは名神高速と新名神とおり名阪と合流するあたりで、普段の日曜の渋滞で御在所SAまで1時間の渋滞に巻き込まれ、帰りました。駐車場で隣に止めた車のお母さんらしき人はそのせいか自分の車を叩いて怒ってたのでビビリまりた。

新名神できて便利になったのはいいですが、伊勢自動車道、大阪へ行く名阪国道と合流するあたりめちゃくちゃ渋滞なので、イライラします。早く名神もっとつながるといいのですが。

中には危険な路肩走行の命知らずな車も出現するし、なんとかならんかと思います。

b0099084_16182160.jpg


名神高速京都あたりで、紅葉が夕日に照らされて綺麗でした。

300kmの道のり無事帰ってきました。
ごちそう三昧の2泊の旅、この数日後メタボ検診に行ったら、イエローカードが出てしまいました。
今までタンパクとか血尿とか出たことないので、ごちそうざんまいの結果だと思います。。。トホホ
[PR]
by ekiseicherries | 2011-12-31 16:36 | 気分転換 | Comments(2)

温泉 淡路島

鳴門海峡は風が強く通り抜けて、体が冷えたたのであたたかいものを求めて橋のたもとの喫茶店へ入りおしるこをいただきました。

b0099084_16382719.jpg


400円でお餅が2個も入ってけっこうお得感がありました。お土産屋さんの2階にあるお店です。

心まで温まりました。

そして、橋を戻って淡路島へ。
また同じ海峡を反対から見てみました。

b0099084_16423148.jpg


これは、高速のSAの展望台から見た景色です。やっと日がさしてきて、お天気も回復。

お宿へ向かいました。

ここも部屋食で、あわじ牛、たまねぎのサラダ、鯛のおつくりと、淡路島の幸を堪能しました。
新鮮な鯛は、スーパーで買う刺身と違って

b0099084_1650248.jpg


あわじの地ビールも頂きました。

宿は海に面していて、窓から海が正面に見えました。

桟橋があって宿専用で、レンタルで竿や餌パックもありました。
寒かったのですが夜や朝にお客さんが釣りをしていました。

b0099084_1793473.jpg


3日目は朝から天気も良く、海の色も真っ青です。

b0099084_1724916.jpg



朝から満腹。この宴会場には、神話に出てくる、いざなぎ、いざなみの神様の日本画が床の間に飾ってあって良い感じでした。最終日は、その伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)へ立ち寄ってから帰ります。

その前に、地元のお菓子屋さんへ名産のたまねぎを使ったオニオンケーキを求めに行きました。

場所は、渦潮を見るクルーズが出ているところから徒歩で数分のところ、冨永製菓という和菓子と洋菓子と両方作っているお店。

b0099084_17304855.jpg


小さなカップケーキのような、玉ねぎの甘みがほんのりするお菓子でした。試食させてもらってたくさん買っていきました。

おかみさんとお話ししていたら、淡路島の玉ねぎをご厚意で、ドドーンと下さったのでびっくりしました。

うちの近くの八百屋さんの大将の話では、淡路島の玉ねぎはえぐみがなくて、苦くないので食べやすい全然味が違うのだそうです。

なないろ館という土産物とか、うずしおクルーズ船の船着き場にもどって風景を楽しみました。

b0099084_17432219.jpg


次回いつか戻ってきた時は、船で渦潮の近くまで行って見てみたいものです。
[PR]
by ekiseicherries | 2011-12-18 17:45 | 気分転換 | Comments(5)

温泉旅行 その2 海峡を旅する

2日目は、明石海峡大橋と、鳴門海峡大橋を渡りました。

有馬を出て、高速を乗り継いで明石海峡大橋の近くに行くはずが、高速道路で後ろから幅寄せしてくるおばさんの車に気を取られていたら、ジャンクションを見逃してしまい、(幅寄せするなら追い越して行きなさいよ!)次のインターで降りて一般道をさまようこと30分あまり。明石海峡大橋は大きな目印になるのでけっこうわかりやすいし、海を目指していけばいいので。
うちの車、ナビありません。アナログ人間なので、地図と迷ったらスタンドで道を聞くのが昔ながらの私のやり方。海外ドライブもこれで経験してきたのですが、日本の高速道路JCTが複雑になってきました。

明石と淡路島を結ぶ明石海峡大橋は、橋の手元に、橋の下を覗ける施設がありました。

b0099084_10315361.jpg

ガラス張りのところがあって上を歩けたりするのです。

b0099084_10162928.jpg


小豆島など瀬戸内の島も見えて、お天気は曇り空でしたが、景色を満喫しました。
人も多くなく穴場でした。

b0099084_10375212.jpg


次は、淡路島へ渡ります。すんなり橋の下から高速へ乗れると思いきや、これまた20分ぐらい内陸へ戻り、高速の入口へ向かい、そこから橋へ戻るので、市街地の街路樹の銀杏の黄色く落ち葉が舞い散る景色も楽しめました。

橋はあっという間に渡り、最初のSAで昼ごはん休憩です。
大きな観覧車もあってスターバックスもあってゆっくりしたいところでしたが、うずしをの時間があってご飯を食べてすぐに出発です。

鳴門海峡の渦潮を見るのは、2日目の旅のみどころなので高速を急ぎました。

淡路島って思ったより大きくなかなか移動に時間がかかりました。
鳴門海峡大橋を渡るとそこはもう四国です。
徳島県上陸!

b0099084_10464179.jpg


時間ぎりぎりだったので、うずも小さかったです。

b0099084_10493221.jpg


鳴門海峡の橋にも中から下を覗ける渦の道っていう施設がありました。
b0099084_1054393.jpg



その前に行った展望台は、東洋一のエスカレーターというたっていて、上りは気にならなかったのですが、帰り下りのエスカレーターは、東洋一恐怖のエスカレーターでした。
長くて急なので、落っこちそうで怖かったです。
b0099084_11103829.jpg

[PR]
by ekiseicherries | 2011-12-13 11:11 | 気分転換 | Comments(2)

温泉旅行へ その1

気分転換に久々に温泉へ行きました。
行先は、有馬温泉と淡路島です。

有馬温泉は、神戸の北ですが、高速を乗り継いで便利になったものです。

日本切手博物館があり、宿へ行く前に寄ってみました。
どこかの公民館を移築したりっぱな木造の建物で落ち着きがありました。

b0099084_1217724.jpg


切手は小さいですが、その中に歴史や文化が読み取れて、なかなか奥の深いものだと分かりました。

温泉は茶褐色の金の湯と無色の銀の湯と2種類ありました。なんとなく金の湯のほうが効きそうなイメージでした。

源泉めぐりをしました。坂道が多く、心拍数も毎分100越えました。

b0099084_12495257.jpg


b0099084_1072683.jpg


指先のかさかさも温泉のおかげで少し良くなりました。

b0099084_12271290.jpg


b0099084_10302137.jpg


そして、お食事は、夜も朝も部屋食で、ぜいたくに上げ膳据え膳でした。

あー日本文化の素晴らしさ。温泉に繊細な盛り付けのお料理の数々。。極楽気分でした。
[PR]
by ekiseicherries | 2011-12-11 13:05 | 気分転換 | Comments(2)

ホワイトハウス署名

そのアメリカ政府ですが、直接意見を言えるホームページがあります。
アメリカ国民だけでなく、日本国民でも、意見が言えるのです。
ネット署名というのがありまして、TPPに反対する意見に署名が出来ます。

下のネット署名のやり方という青い文字をクリックして見てください。動画でやり方が出てきます。

ネット署名のやり方

25000人以上の署名が12月26日までに集まると、ホワイトハウスから返答がきます。

日本国民だけでなく、アメリカの庶民も反対しているのです。日本では残念ながらそこまで報道されていません。むしろ賛成というような意見がマスコミでは多く報じられていませんか?

これは、メールアドレスだけ持っていれば、署名と言っても捨てアカウントでもいいのです。

5分でできちゃいます。

TPPというのは知れば知るほど、推進する人の意見は矛盾だらけで、論破できます。

ちょっとだけTPPって何って、好奇心を持ってください。
自分たちの将来、政治家任せでいいのですか?
むずかしいことなんかありません。

TPPて何?というわかりやすくTPPをまとめたホームページがあります。
新聞やテレビではそこまで詳しく解説していません。とにかく、どんな内容なのか、知っておいてください。損はありません。むしろ、知らないことこそ損なのです。けっして私自身宗教とか、特定政治団体に入っているわけでなく、インターネットを通じてこの問題を知って、おかしいぞ!と思ったからこうして書いているのです。

TPPって何?

12月8日現在1655名あまりです。ホワイトハウスから返答が来るのが25000人に達した時ですので、まだまだ足りません。直筆ではなく、ネット署名ですので、ほんの少しの手間だけで済みます。
[PR]
by ekiseicherries | 2011-12-03 08:29 | TPP | Comments(0)

TPPは決して農業問題だけではないのです。

アメリカの自動車業界が、日本につきつけた、ずうずうしい要求があります。

11月17,18日にアメリカの通商代表部マンティラス氏が来日し、外務省、通算産業相高官とTPPについて協議していたことが明らかになりました。

まだ、日本は正式にTPPに参加したわけではありません。アメリカ議会の承認がいるのですから。

その要求とは、ハイブリッドの技術の透明性を高めよ。。

つまり日本の自動車業界が、苦労して無から築き上げたハイブリッドの技術をタダでせしめようということです。

こんなバカなことあるかい!出来るわけないだろう
って日本の経団連が答えてくれれば、終わりですが、どういう返答をするつもりでしょうか?

アメリカのいいなりにはなってないって、大物民主党代議士は講演会で私の質問に答えていました。

今もそうと断言できるのですか?
[PR]
by ekiseicherries | 2011-12-02 12:19 | TPP | Comments(2)

ああ師走

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by ekiseicherries | 2011-12-01 10:03 | その他