<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日本は無条件降伏したというのは大きな間違いです。

5月15日、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(通称“安保法制懇”)の報告を受け、安倍首相が集団的自衛権の行使容認に関する記者会見を行なった。集団的自衛権を行使するには、日本国憲法の解...
あいかわらず、三流マスコミによる安倍叩きは、国民が選挙で圧倒的多数で肯定しているのにもかかわらず、だからこそ叩いておかないと、自分たち売国マスコミの身の置き所がなくなるから必死です。

日本が無条件降伏したというのは歴史の教科書で習いましたね。

今月、名古屋で 検証嘘? ホント? 南京大虐殺の検証 パネル展があったので見に行きました。

戦後史の後半の部分で青天の霹靂ともいえる事実が書いてありました。

無条件降伏したのは、軍隊の無条件降伏でありました。

政府は日本の場合最後まで国会が機能していた。政府は幸福条件を示しその結果連合軍の直接統治ではなく、間接統治となった。

日本政府は、条件付き降伏をしたのであります。

米国は約諾したポツダム宣言の条件を反故にして、日本国政府の無条件降伏に摩り替えた。

     =======================================================
昭和20年9月2日午前9時過ぎ、日本国政府は、東京湾沖合のミズーリ号上で、ポツダム宣言に準拠する降伏文書に署名した。しかし、その日の午後4時米国は日本に連合国最高司令部布告台1号、2号、3号を私、日本国政府が連合国に無条件降伏したとする命令を発した。

これは、先に約諾したポツダム宣言の諸条件を反故にするもので、日本の軍事力を奪った後に行った欺瞞(ぎまん)である。

しかしながら6年間8ヶ月におよぶ長い占領下で日本人はいつしか「日本は無条件降伏した」と思い込むに至った。

言論界やマスコミの多くは、まだ、この迷妄から覚めていない。

   ============================================= 

以上ノートに取ってきたのでお伝えします。
[PR]
by ekiseicherries | 2014-05-29 09:26 | 政治の話題 | Comments(4)

2千年の時を経て

昨日の3時からテレビを見ていると皇室の高円宮家の次女であられる典子女王と出雲大社を代々守ってこられた宮司の長男の千家国麿氏の婚約会見がありました。

出雲大社というのは、世界最古の古文書でもある古事記にも出ていくる歴史あるところですね。

会見で、出雲大社の宮司というのは代々血縁でつながり、天照大御神の次男だったそうです。
まったく知りませんでした。

山陰地方は、こちら太平洋側から見て大変遠いので、行く事はめったにないなあと思っていましたが、
新しいゴールデンカップル誕生にわくわくしてきました。

今年の秋に出雲大社で挙式されるそうです。
15歳の歳の差を感じない、典子女王は、記者会見でもハキハキとご自分の意見をおっしゃっておられました。
しかもお母様譲りの美しい知性を感じるお姿に皇室から離れても、こういう御縁のあるところでまた、日本古来の神様にお仕えする方を支えていくのなら、めでたきことではないでしょうか。

まったく環境の違うサラリーマンや実業家とかだったら、難しいかなと思います。

家族ぐるみのおつかいでプロポーズもなかったというのも今風ではないような気がします。

お二人のお幸せをお祈りいます。

古事記は、なかなかわかりにくい表現をわざと使っているようで、それには編纂を命じた天皇の意図があるらしいのです。古事記の解説本を少し読んで古事記は世界最古の公文書であり、神話ではない。ということが書いてありました。
このお二方のご婚礼を機にわかりやすい古事記を読んでみようと思います。

ただ、観光に行くにしてもその場所の背景や歴史を知っていると、味わい深い旅になると思います。
[PR]
by ekiseicherries | 2014-05-28 10:53 | 歴史 皇室 | Comments(2)

日本家庭婦人ソフトボール協会桑名市長杯


またまた、写真なしのソフトボール大会のレポートです。
試合の写真は撮ったんですが、どうやって取り込むかが謎なんです。

ママさんソフトの試合があるので試合会場と、市会議員さんの市政報告会の前にちょっと見に行くはずが。。

結局試合終了まで見て、混合チームの試合まで見てお昼までいました。市会議員さんせっかくお知らせもらったのに行けませんでした。楽しくて足がその場から動かないのです。

星川レディースターズと多度ビーンズの試合、20対2で星川がコールドゲームで勝ちました。

多度チームは、試合前の練習が8名しかいないのでどうなるのかと思いました。試合開始には9人試合中は控えもう一人がいたようでほっとしました。

益世チェリーズの一員だった頃、よく多度とは試合しました。

星川はぶっちぎりで強いので最弱のチェリーズと試合は当たらないように配慮されていました。
もしあたったら、試合終わりそうになさそうでした。

多度チームは、のんびり力が抜けて試合を楽しんでいるようです。

涼しい風が吹いていましたが、グランドは日差しが強く、立っているだけでもすごいのに、よく試合集中していられるなあと思いました。

あの中に私もちょっと前までいたのが遠い昔のようです。

70代の選手もみえるようで、すばらしいです。

多度チーム応援していたら、なんだか入ってプレーしたくなりました。

控えでいいのでキャッチボールだけでも。しかし星川チームと毎回対戦するのってプレッシャーかも。

しかしチームメイトとおそろいの憧れのユニフォームが着られるのも悪くないな。

チェリーズは体操着にゼッケンだけのゆるいユニフォームでしたから。

でもね、あのチェリーズのチームメイトが一番爽やかで、バイタリティーあふれてて好きでした。

みんなの笑顔が良かったです。

多度チームは月2回の練習があるそうです。ゆるそうです。チェリーズは一応毎週日曜に練習がありました。

入れてもらおうかな。自分の足首と主治医に相談してみます。
[PR]
by ekiseicherries | 2014-05-25 13:09 | 試合 | Comments(6)

あこがれの実業団チーム

三重県のソフトボール協会のブログを見ていたら、先週の実業団二部リーグの試合の記事がでていました。

大会の2日めには、地元の中学生チームが始球式をしたり、高校チームが試合のお手伝いに来てくれたそうです。

おばさんから見ても、キラキラした美しい輝きを思い起こさせてくれるので、少女からみたら憧れの世界でしょう。

桑名でこんな大会が開けたのは、桑名のソフトボール協会が働きかけて誘致していただいたおかげです。
多度地区にあるアイリスパークのような球場が2つあって、駐車場も広いというりっぱな施設が
あるからできたのです。
多度出身の伊藤市長のお写真、、もうちょっとかっこよく見えるお写真ありました。
ちゃんと腰が入って投げているじゃないですか。市政も役人にはぜひ腰を引かずに、真正面から対峙していただきたい。
少年時代にソフトボールやっていたのかもしれませんね。それとも、経験者の部下から特訓を受けたのかしら。
またまた親しみがわいてきたではないですか。どうしよう。イヤやわ〜。

b0099084_7363020.jpg


なんでも、地元の小学生中学生チームが県大会、全国大会へ出場することが増えたので、子供たちに生で実業団のチームの試合を見せてあげたいというソフトボール協会理事の方が地方紙にコメントをしていました。

b0099084_7302343.jpg


大会2日めに始球式をする明正中学ソフト部バッテリー

こういう始球式ってバッテリーで出るものなんですね。なかなか気が効いた演出ですね。
中学生にとって、思い出になるし、励みになりますね。
今年も県大会へ連れて行ってね。
去年は全国大会へも出場したそうで、すごいじゃないですか。

私は、自分を明正中ソフト部初代キャプテンだと思っていたのですが、最近中学の大先輩とお話して、昭和30年代にはソフトボール部があったらしく、一回廃部になり、それを私達で復活させたのが50年代でした。

なので私は初代キャプテンではなく、明正中ソフトボール部を復興したキャプテンだったのです。
明正中学は桑名で最初にできた2つの中学校の一つで伝統あるし、校風も、穏やかで勉強熱心というスクールカラーがあります。私の頃は、文武両道、部活動も活発で、1年の頃は、やりたい部活がなかったので帰宅部
でお勉強ばかりしていました。そんな私と親友を他のクラスメイトたちは、信じられない目で見てました。
せまい校庭にひしめきあってクラブ活動していた昭和の時代でした。

明正中は昭和のマラソンランナーで、オリンピックにも出場した瀬古選手の母校でもあります。
その当時、体育の試験で、福岡マラソンで瀬古選手は何時間何分の記録を出したか?という問題を先生が出すくらい、母校のヒーローでした。
冬になると、授業前に皆で校庭をぐるぐる走る鍛錬もあったし、体育の授業はもちろん後者の周りをぐるぐる回るロードレースの練習が熱心でした。先生はやはり教え子であった瀬古さんの影響受けてたのかもしれません。マラソン大会とは言わず、ロードレース大会がありました。ねんざする前には、足首完璧でしたし、身軽でしたから得意でしたよ、長距離も。

私が体育の先生だったら、教え子が日本を代表するマラソン選手になったら、うれしくって、体育の授業は、毎回走りこみさせたいですよ。話がそれましたが、桑名バンザ〜イ!

ずっと桑名市が続くように願います。
[PR]
by ekiseicherries | 2014-05-25 08:04 | 試合 | Comments(1)

ソフトボールの試合見に行ったのよ

先週の金曜日、桑名市内で女子ソフトボールの実業団の2部リーグの試合があったので見に行きました。

風が強く、ちょっと見たら帰ろうと思っていました。
2試合やっていて、近くの会場の試合を見ました。屋根がついているスタンドが三塁側だったのでそこのチームを応援することにしました。真っ赤なユニフォームの日本ウエルネスと、紺のユニフォームの日本精工との試合で
3塁側は、日本ウエルネスでした。日本ウエルネススポーツ大学というのが正式名称で、初めて聞く名前です。
なんなんでしょうね、

若い選手が多く、高校出たてという感じの投手が多く、応援団もまばらでした。
相手チームは、トランペットと太鼓持って、実業団の応援団がいて、バスも会社名が入ったバスでした。
日本ウエルネス御縁談はペットボトルに、ビーズか豆か詰めてそれを2本ならして応援してましたよ。

序盤は、2対2で緊迫したゲーム展開でしたが、満塁ホームランを含む3本のホームランを打たれて真っ赤なユニフォームのチームは、ボロボロに負けてしまいました。

自分が降板したあとも、投球練習をするエースナンバー18番をつけた選手の、悔しそうな、でも今度は負けないぞという目を間近で見られて、なんか、感動しました。

ファールボールも何回も近くに飛んできて、スリリングなのも、実業団だからだし一部リーグの実業団の球場ってもっと大きいのでファールボールも届かないぐらいです。

14対5で試合に負けたあとも、日本ウエルネスの選手達は、投球練習をやっていました。
ドラゴンズの二軍選手の試合を見に行った時のことを思い出しました。ドラゴンズの二軍の試合ってナゴヤ球場であり、真夏でも、試合後残って練習があるのです。
プロって死にものぐるいで練習するのだなと驚きました。

次の試合のチームが来たので場所を譲っていました。
次のチームも、スタンドの観戦客に、選手たちがこんにちは!とスレ違うときに挨拶をしていて爽やかでした。
ずっと、そこにいたかった。でもお腹が空いてきたので帰りました。

生で見るソフトボールの若い子の試合はよかったです。迫力ありました。

写真も撮ってきたのですが、新しいソフトでいまいちよくわからないので、後日掲載します。

桑名市長も、多度地区出身なので、始球式したそうです。

なんたって桑名を有名にしたいらしい郷土愛あふれる青年市長だもんね。

でもそ全然似合ってないところが、一生懸命お仕事されている感じがして、なぜだか好感持てました。


b0099084_11345282.jpg



帰り際、コーチらしき女性に、赤いユニフォームがかっこよくて、選手たちから元気をもらいましたとひとこと声をかけてきました。

球場を出て、荷物を背番号10番(キャプテンナンバーです)とたまたますれ違ったので、お疲れ様、元気出ましたと、いうと、「ほんとですか?ありがとうございます。」ときらきらした瞳で爽やかにお礼を言ってくださいました。

真っ赤なユニフォームときらきらした瞳、日焼けも気にせず、ソフトボールをひたすらしている乙女たちがいるのです。

ソフトボール女子ばんざい!
[PR]
by ekiseicherries | 2014-05-23 11:40 | 試合 | Comments(2)

普通ならば

【ワシントン共同】オバマ米大統領は21日、ナイジェリア北東部でイスラム過激派ボコ・ハラムに拉致された270人以上の女子生徒の捜索を支援するために、米兵約80人を隣国チャドに派遣したと議会に通知し...
普通の国なら、国民が拉致されたら、軍隊を派遣して助けに行くのです。

北朝鮮に拉致された日本人は、日本が軍隊を持っていないから、奪い返しに来ないとわかっていて、
拉致されたのです。今もミサイルが日本に向けられているのにもかかわらず、何も抑止力はありません。

今もかなり多くの日本人が帰って来ません。
それは、日本国憲法という、現存する世界最古の憲法が現状に合っていないのにもかかわらず、
護憲派の人たちが、憲法9条を守るという宗教のような考え方で、平和を守っていると、ねじ曲げて
運動しているからです。

これは、第二次世界大戦以前からある、コミンテルンの活動が形を変え続いているからでしょうね。

日本国憲法は、憲法の専門家が一人もいない、素人集団がワイマール憲法とスターリン憲法を下敷きにして
一週間で書き飛ばした粗雑なものなのです。


米国案を翻訳して一晩で描き上げた、新憲法は、最初から最後まで米国指導のもとで制定されたアメリカ製なのです。


日本ほどの国がそんな粗雑なやり方で押し付けられた憲法をそのままにしておいて、軍隊も持てないのは、おかしなことだとつくづく感じ、このニュースで、今の日本の状態が、矛盾していると再確認しました。
何かあった時では遅いのです。
国民が憲法改正を議論することさえ始まってないこの国の現状を憂います。

特に憲法を護持したい人たちのほうが、憲法に詳しそうですし、(口の達者な人が多いんです。)
普通の人は難しい議論は避けたいのかもしれません。
しかし憲法を守ろうという人たちの、言葉を鵜呑みにするのは、聡明ではありません。

軍隊のない国は、必ず攻め滅ぼされています。日本が守られているのは、自衛隊と米軍基地があるからです。
軍隊を持てば、アメリカの言いなりにこれ以上なる必要も減るのかと思われます。

アメリカの言いなりになるなというポスターを見ますが、それじゃあ憲法改正したらいいじゃないですか?
[PR]
by ekiseicherries | 2014-05-22 09:41 | 政治の話題 | Comments(5)

ウクレレが弾けない

みなさん、おひさしぶりです。

さわやかな風の吹くいい季節になりました。

最近ブログにふさわしい楽しい、ほのぼのとしたものが、ないのです。
私は、去年の公園売却に反対署名活動の件で燃え尽きたのかも.

桜も、ハナミズキも、つつじも綺麗に咲いていた公園。大きな木の下の木陰が、幼稚園から帰ってくる子供たちを出迎えるお母さんたちのちょっとした憩いの場所になって、横のつながりができてるんだなとほのぼのする風景ももう見られないです。
親子がキャッチボールしている風景も、見られません。

この辺は名古屋に近いというだけで、市の公園でさえ売られて住宅地になるぐらいなので、最近は連休でなくてもどこへいくのも渋滞で、連休中はひたすら充電してました。

しかし、そんなことで、燃え尽きていたら、これからの時代、生きていけないかも。
気分転換して、楽しいことにエネルギーを使おうと思うのです。

趣味のウクレレですが、買って3年になりますが、ウクレレ教室やめてからも、自分で弾き語りをして楽しんでいました。まったり、肩の力を抜いて弾くのが、自分にはあっているのです。1月は毎日弾いて、近所の人に聞いてもらおうと練習しておりました。

2月は、まるきりサボってしまい、3月からまた練習しようとすると、もういくらチューニングしてもなにか音がずれてくるので、これは、買い替え時かなとおもいました。

しかし、4月からの消費税の増税がじわりじわりと財布に響き、今そんな余裕はありません。

修理してもられるか楽器屋さんに問い合わせたら、弦を買って自分で張替えてくださいとのことでした。

基本は自分で張り替えるそうで、そういえば、ウクレレ教室に通っていたとき、みなさん先生に張り替えてもらっていたような記憶がうっすらとあります。

不器用な私にできるかしらと、尋ねると、動画や、教則本にのっていますよと教えてくださいました。

この季節のいい時期に、勢いでやってしまおうとさっそく、弦を楽器屋で買ってきました。800円ぐらいでした。

ウクレレも人生もこれから楽しみです。
[PR]
by ekiseicherries | 2014-05-08 12:28 | ウクレレ | Comments(8)