<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昭和のアイドル 大人になっても心に響く



秋深まり紅葉狩りにでも行きたいところですが、なんだかすっかり腰が重くなってしまいました。ようやく涼しくなったと思ったらもう秋。
こういう時は歌で季節を感じてみるのも悪くない。

近場で楽しめるカラオケに久しぶりに行ってきました。やっぱり機械入力ってやりにくくて、パっと思いつくのは若かりし頃のアイドルの曲ですね。

秋のIndication という曲です。チョコレートのコマーシャルで流れてました。ほろ苦い青春というより、今聞くと華やかな若かりし頃が戻ってくるような気持ちになりました。

ナンノの曲は、歌いやすいのです。アイドル時代はほかにもいっぱいアイドルがいて、評価がそんなに高くなかったような気がします。

でも、歌がうまいという評価と、心に残ろる歌声という評価はまた違うのだなと思います。

南野陽子は歌声も曲も時代が変わっても色あせないんです。
歌姫と言われたアイドルたちとは違っているのは、親しみやすさと、育ちの良さを感じる清楚なところでしょうか。一位になった曲も思ったより少なかったので、飽きるほど聞いていないのです。
だから今聞いて新鮮なのかも。声の質が、聞きやすいし、心に残るのです。
大人になっても心に響くアイドルなのです。

今もNHKの古典芸能を紹介する番組で、毎週出演しています。
着物もよく似合う品のいい女性になってますね。



b0099084_1849350.jpg


ナンノとは年が近いのでなんだかがんばってる姿をみると励みになります。
[PR]
by ekiseicherries | 2014-11-21 18:49 | 芸能 | Comments(4)

両陛下、奈良県訪問されていらっしゃるのですね

天皇、皇后両陛下は15日午前、第34回全国豊かな海づくり大会の式典出席などのため、東海道新幹線で奈良県に向け出掛けられた。午後には明日香村にある県立万葉文化館で、台風により和歌山、奈良、三重3県...
久しぶりに両陛下のニュースです。

ご高齢であるのに、精力的に各地に公務に出かけてられますね。

皇后陛下は、ひざがお悪いので、天皇陛下に腕を支えられてみえます。

早く代わりに次の代の皇太子殿下、妃殿下が行事を引き継ぐ次期ように考える時期が来ているのですが、こうして両陛下の姿を国民がまだまだ望んでいるのも事実です。

皇室も、このままでは、皇太子殿下の次の代、秋篠宮の悠仁親王が大人になったとき、女性皇族が皆嫁がれたらたった一人で公務を支えなければいけなくなるのです。

女系天皇は反対ですが、なんかこのまま手をこまねいていてはあっという間に時間が過ぎてしまうので、今のうちにに考えてほしいと思います。


b0099084_17391195.jpg

[PR]
by ekiseicherries | 2014-11-15 17:48 | 歴史 皇室 | Comments(2)

どうしてマスコミは民主党には甘く自民党には厳しいのか

■1本の値段ではなく「総額」が問題になる選挙区内でウチワを配布したことについて責任を追及され、松島みどり氏が法務大臣を辞任しました。ネットでは「そんな些細なことで辞任までしなくてもいいのではない...
ちょっと話題は古くなりましたが、安倍内閣改造してから、政治資金のことが問題になりました。

うちわ配ったら買収になったという松島みどり元大臣。

民主党の時にはもっともっと、大問題がありましたが、うやむやになりましたよね。

たとえば、鳩山元総理の母親からの資金提供。
贈与税脱税に億単位の疑惑がありましたが、財務省からは、目こぼししてもらいました。

そのせいで財務省に頭があがらなくなって増税を認めさせられた、丸め込まれたという噂です。

そして、菅元総理は、北朝鮮の日本赤軍とつながりのある団体に献金をしていました。
それも、東日本大震災が起きて、責任追及もうやむやになってしまいました。

松島みどりさんは法務大臣だったのですが、民主党での法務大臣、岡崎トミ子なんて
韓国での反日デモに参加して、日の丸バッテンをつけた旗を掲げているデモに参加していました。
ヘイトデモではないでしょうか。

b0099084_14173069.jpg

                      ショートヘアの女性が岡崎トミコ女史

こんな自覚のない人が問題にならなくて、どうして自民党政権の閣僚ばかり目の敵にするのか、
マスコミって本当に偏っています。中立ではありません。

この文章でも、重箱の隅をつつくような、あげつらい、在特会の写真をとった自民党議員のことを問題にしています。

民主党の有田よしふ議員も在特会と撮った写真があり、それだけで、政治家の資質を問うという大げさなキャンペーンにはもう騙されません。

報道しなくてはいけないこと、もっと国民に知らせるべきことは山のようにあります。
こういうネガティブキャンペーンで、政治空白を作るべきではありません。

追及するなら、民主党議員、そして人権擁護法案のことについて、詳しく解説するべきでしょう。

人権擁護法案とは民主党政権の終わりに閣議決定されました。各都道府県に人権擁護委員会を作ります。予算は年間1千億円。
人権委員は、日本人でなくてもなれます。そして、過去にたとえば、サヨクの活動をしていて日本を倒そうとしていた団体に所属していてもなることができるというものでした。
そして人権侵害というのは、基準があいまいで、子供のいじめにも適応されて保護者は連座せいで責任を取らされるのです。
たとえば韓国のドラマを批判したとして、それは韓国人を侮辱すると主張され、人権擁護委員に認められれば、弁護士を付けることも許されず、裁判を受けることもかなわず人権擁護委員会に裁かれるということになるのです。

人権擁護委員会は、裁判所とはまた別の独立した権力を与えられ、弁護士さえつけることができないという権限をもった機関になるのです。

まったくの憲法からはみ出たものです。

こんなんが、告知もなく、民主党政権の終わりに閣議決定されもうちょっとで国会に提出されるところでだったのです。

これを知って、もし法律が通ったらと考えたら恐ろしかったです。自民党の国会議員の方々に反対するように署名集めたり、直接会ってお願いしたりしました。
会期切れで、解散になって、悪夢から解放されました。

今も、油断がならないのが、ヘイトスピーチ規制というのに名前を変えていかに日本人を、言論の自由をなくそうかと、手ぐすね引いて待っているのです。

自民党は一貫して、人権予後法案に反対しているのです。

民主党 公明党 共産党 みんな賛成していました。

みなさんが知らない間に、こそこそと恐ろしいたくらみを進めていたのが民主党です。

どこの国の政党なのか、まったくわかりません。党是とは何か?日本を陥れるためなんでもありでしょう。
[PR]
by ekiseicherries | 2014-11-13 14:28 | 政治の話題 | Comments(2)