人権擁護法案って何?

人権擁護法案、ちょくちょくネットでは話題になっていたのですが、そんなに自分に関係ないだろうとおもってたかをくくってました。

新聞は政治欄はとくに毎日隅々と読んでいるのですが、ちっとものっていません。

マスコミとか著作者とか表現することが仕事の人には直接かかわってくるでしょうね。

普通の人でも、無関係ではないでしょうね。人権侵害されたって、訴えられただけで、どんな処罰が下るのか想像できないです。

そもそも、今の日本の現行法では99%の人権侵害が解決できているので、他にやらなければならないことが日本には山積みですから、しなくていいと思います。

各都道府県に人権擁護委員会を設置するのですが、そこで年間1000億円の経費がかかります。
10年で1兆円、TPP加入であがる国全体の利益の半分は吹っ飛んでしまいますね。

そして、人権擁護委員に任命られるのは、外国人でも誰でもなれます。
外国人参政権付与問題は、憲法に違反しているので事実上立ち消えになりましたが、それをカバーできるのです。
事実上、スパイ活動などもできるし、外国による影響が行使される恐れがあります。


そして、裁判所や議会から独立した巨大な権限を持つのです。

日本国憲法の三権分立という言葉聞いたことありますよね。それに違反しているのです。

人権擁護委員会を監視する機関もありません。 それによって職権乱用の恐れがあります。

たくさんの費用をかけて、日本をどこかの独裁国家のように密告社会にして言葉狩りが行われる国に帰ることは、反対です。

ほんの少し時間と手間をかければ、国民には、請願という方法で反対意見を送ることが出来ます。
法律で決まっている権利なのです。宛名を官公庁にすれば、直接、議員の紹介状なしに、受理されます。

請願書のひな形

宛先は、法務大臣、内閣法制局、首相官邸どちらでもいいです。
リンク先に住所、説明がのっています。印刷してサインして郵送すれば、よいので、簡単です。

4月20日が閣議決定の予定だそうです。

とにかくあとで、こんなはずじゃなかったという暗黒社会が来て後悔することは目に見えています。
今反対意見をあげるなら後悔せずにすみます。

人権救済機関設置等法案の廃案請願にご協力お願いします。
[PR]
by ekiseicherries | 2012-04-13 08:56 | 政治の話題 | Comments(0)


<< 祖母を偲びひとりお弁当もって花見へ  TPPはアメリカとの不平等条約です >>