TPPは交渉は4年間秘匿とされる 

TPPは自由貿易じゃないってどういうこと

TPPは自由貿易だと思っている方もみえるとおもいます。

TPPの交渉内容は極秘扱いです。

交渉締結後も条約は公開されますが、交渉過程は4年間秘匿(内緒)とされています。

これを見られるのは、交渉を担当するごく一部の官僚と政府のアドバイザーと認められた数百の企業のみと決められています。

日本の国会議員すら、ごくわずかな人しか見ることができません。

この日本の国内法よりも優先されて、日本人の生活と大きくかかわる条約に対して、ごく一部の大企業のみ知ることを許されて意見を言うことのできるのに、国民の代表として選ばれた国会議員が見ることができないのです。
これを民主主義の崩壊と言わずしてなんと言えばよいのでしょう。

TPPは、企業が人々の安全や健康を顧みずに自由を追求するいわば経済の植民地化です。

これからの私たちに必要なのはフリートレード(自由貿易)ではなくフェアトレード(公正な貿易)です。

今後の自分の生活を守りたいと思ったら、ぜひご自分で検索してください。

検索お勧めキーワード

非関税障壁     ISD条項    エクソンフロリオ条項    ラチェット規定

デフレ   NAFTA    GMO    ポストハーベスト  遺伝子組み換え種子


b0099084_851474.jpg

[PR]
by ekiseicherries | 2012-06-15 08:26 | TPP | Comments(0)


<< 桑名アロハウクレレクラブのみなさま TPPって何? その2 >>