最近気に入ってる番組 吉田類の酒場放浪記

夏ぐらいから、見初めて、すっかりファンになったTBSチャンネルの吉田類の酒場放浪記という番組があります。
本も出しているぐらい、最近人気があがってきたようです。
黒づくめのかっこうをしたちょっと顔が怖そうな吉田類という男性が、酒場を訪ねる15分番組なのです。
b0099084_17251722.jpg


たいてい入りにくいような小汚い店が多いのですが、常連客や隣り合わせたお客さんたちと乾杯をしたり、その店のお勧め品をお客さんから分けてもらったりと、見所があって、最後、吉田類さんの俳句がテロップで流れて終わります。
b0099084_17274769.jpg

詩人でもあるようです。若いころはフランス留学してたイラストレーターらしいのです。

月曜はBSで夜9時から4本まとめてあるのです。一番新しいのが1本目で、あとは再放送なのですが、
あっというまに1時間が終わってしまいます。

CSのTBSチャンネルでも毎日再放送してます。

ディープな小さな立ち飲みの店とか、油で真っ黒になった天井の焼き鳥の店とか、なかなか入りにくそうなお店が多くでも行った気分が味わえるというか、吉田類さんがあっという間に店の人に馴染んでほっこりと交流する(ただ気持ちよさそうに飲んで酔うだけですが)様子が見てて和むのです。
b0099084_17441550.jpg


たまに店主がカメラ慣れしてないのか、あまり乗り気でないときは、むっつりと打ち解けることなく時間が終了したりするのです。

特にお酒を飲みたいけど弱くて飲めない人とかにも人気の番組です。
気持ちよさそうで楽しそうなんですよ。
知らない世界に入っていく気分も味わうことのできるのが人気なのでしょう。

居酒屋も最近行ってないですが、見ながら飲めば行った気分になるのというか。
酒好きで酔うと調子いい親戚のおじさんを見るようなそんな気分にもなり、楽しいです。
最近の私のアイドルみたいなお方ですね。

ちなみに私は酒が強いほうですが、カロリーのことが気になるので、ほろよい程度しか飲みません。
そういえば、家庭婦人ソフトボール協会の合同新年会は、にぎやかに毎年気分良く酔ってたなあ。
ソフトボールやめてから、宴会なんてそう行く機会がないのが残念です。
[PR]
by ekiseicherries | 2012-10-18 21:59 | その他 | Comments(12)
Commented by mabo89 at 2012-10-19 08:34 x
吉田類・・よく見ますよ!小さい来たな~い居酒屋に入ると
結構地元の人のたまり場の様になってて、自慢の刺身なんかが
出てくると、料亭で食べたら驚くようなマグロの刺身なんかが
エッ!と驚くような値段だったりして・・また彼が飲むと
お酒も美味しそうに飲みますよね?奈良の田舎じゃBSでしか
見られないのですよ!でも片田舎の常連さんって皆優しいし
見た目いかつそうな漁師のオッサンでも、みんな暖かいですね!
あれが日本人なんですよ!東京に住んでる時は隣の席との間には
見えない壁がどうしてもあったんですが、私が行くとその壁を
壊すらしく「関西人だねぇ~」と東京のお客さんに良く言われました。
だってそこで会うのも何かの縁ですもんね?
楽しく飲んで何が悪いねん?ちゅうねん。(爆)
Commented by ekiseicherries at 2012-10-19 09:01
maboさん
ご覧になってるのですね!
そうなんですよ、ちょっと小汚い感じの店にプラス狭い店で、お客さんは肩を重ねあって店から出るときは狭くて大変そうだけど、会話がお客さんどおしあったり、温かみを感じるのです。だから見終わってからほんわかするのでしょうね。
ところで、東京にも住んでたのですね。この番組ほとんどが東京ロケですが下町の雰囲気というか、常連さんの集う店というのがいいなあ。吉田類さんだからこそ、常連さんの中へぐいぐい入っていけるのかなあって気がします。
大衆酒場って行ったことないけどちょっと一度行ってみたくなりました。
Commented by mabo89 at 2012-10-19 09:29
大衆酒場って結構味がありますよね!地方地方の特徴が出てたり
先ずは飾ってなくて凄くその地域に溶け込んでると言うか・・
奈良の田舎では全くと言って良いんですが、究極は屋台!
これですよ!寒い夜に屋台で焼き鳥や、おでんを肴に・・
私的には日本の良さを感じる所ですね!(爆)
Commented by mabo89 at 2012-10-19 09:41
チェリーズさんの年齢は知らないけど、吉田類の雰囲気が理解できる女性なら、
絶対読んで欲しい漫画があります。「わたせ せいぞう」って人の
「ハート カクテル」と「男の唄」って本です。
私は「わたせ せいぞう」氏が有名になる前から「おとこの唄」
って本の大ファンでした。その頃は週刊漫画の見開きたった2ページで
男と女の恋愛を、時には凄くロマンチックに書いてたり
失恋を、凄く切なく書いたりしてる、私のバイブルだったのです。
その素敵さを娘達に見せても、時代が違うのか・・ショックです。
最近何を思ったのか嫁はんがトイレにその本達を持ち込んで
読み返してるみたいで、久しぶりに私も読んだのですが
たった2ページであれだけの表現ができるんだなぁ~?と
再確認さされたのと、凄くロマンチックな気分に戻れました。
機会があれば是非古本屋で探して下さい。
吉田類を理解出来るチェリーズさんなら分かって貰えると思いますので・・!
Commented by Miyanao117 at 2012-10-19 11:49
店主がカメラ慣れしてないのか、あまり乗り気でないときは、むっつりと打ち解けることなく時間が終了したりする。。。>それっていいですねー、見てみたいものです。
こういう番組って、日本ならではな気がします。小汚いお店でちびちび飲むっていうのは、いきなものですよね。

Commented by everyday-linden at 2012-10-19 14:18
こんにちわ~。リンデンのユキです。

居酒屋好き、冷酒好き、カウンター好きの私は、この番組を見たくなってしまいました。探してみたら、どっかで見れるかな?

カナダの旅行記、読ませて頂きました。ぽっかりと時間が空いて、毎日の生活の何かも空いた時?に、良い旅をされたんですね。
うまく言えないけれど、そういう何があるわけじゃ無いけど、、って時間や旅って、後で何かになって現れたりするんですよね?
素敵な文章と、綺麗な写真を楽しませて頂きました。
私もトロントからバンクーバーに引っ越してくる時にマニトバを通ったんですが、あの真っ平らな風景は、忘れることができません。
Commented by ekiseicherries at 2012-10-20 07:50
maboさん
大衆酒場~というお店はよく出てきますよね。大正時代から続く老舗だったりするので、あなどれないことがあります。
わたせせいぞうって80年代におしゃれなイラストレーターとして人気があったのですが、まんがは知らなかったので探して読んでみます。


Commented by ekiseicherries at 2012-10-20 07:57
モナちゃん
この吉田類さんが、馴れ馴れしいけど、割と言葉使いも丁寧で、たいていの店主は、最初警戒していても、最後には打ち解けるのですが、この前見た人はむっつりしたまま、終わっていました。そういうシーンも視聴者だから見られるので、知らない世界をのぞけます。
始めてあったお客さんたちと乾杯して、常連さんのつまみをおすそ分けといシーンは決まりごとなんですが、ちょっとあたたかさが伝わってきます。
Commented by ekiseicherries at 2012-10-20 08:13
ユキさん
番組で動画配信もありますが、視聴者があげている動画が無料で見られるはずなので、検索してみてください。15分番組なので気楽に見られますよ。
Commented by ekiseicherries at 2012-10-20 08:14
ユキさんへ その2

カナダの旅行記、ご覧になってくださってありがとうございます。いつもきれいな山の写真とか撮っているユキさんにそうおっしゃってもらえたら嬉しいです。ただ遠く時へ行きたいっていう気持ちで計画しましたが、マニトバの夕日を見たらなんでここに一人でいるんだろうという気持ちがわいてきました。東海岸へ行くとやっと夏らしく日差しも明るく楽しくなってきました。2001年のテロ直前なんですよ。3カ月有効周遊券のチケットなので、北米どこでも選べたのです。今考えるとよく無事に帰って来たなと思います。今一人旅するパワーなんてないです。あのあとボストンも立ち寄っているのですが、ちょっとTPPでアメリカ嫌いになっていたのであえて書いてないのですが気が向いたら書こうと思っています。全部のアメリカ人が嫌いじゃなくて、TPPに携わっている人は一部で、アメリカでも知った人は反対しているので、考えを改めました。ユキさんもマニトバの大平原、見たことがあるのですね!地平線の向こうがアメリカに続いているのだと思うと感動ですよね。
Commented by mabo89 at 2012-10-20 10:34
チェリーズさん、是非「わたせ せいぞう」探してでも読んで下さい。絶対後悔させませんから・・おとこの唄はたった1冊でハートカクテルは人気が出てからの単行本なので確か6巻まで出てたと思います。イラストも確かに凄いのですが、内容が凄くロマンチックなんです(私が言うと似合わないのですが!)(ほっとけ!ちゅうねん。爆)読んだ後に絶対「ジェシーの店のWサイズのピッツァと良~く冷えたクワーズが飲みたくなる事間違いないと思いますよ!」あの素敵な恋愛が夢の様だった’80年代に乾杯!!see ya !!
Commented by ekiseicherries at 2012-10-20 13:38
maboさん
了解しました。
わたせせいぞうさんの「ハートカクテル」と「おとこの唄」ですね。メモしました。

80年代といわば、青春まっただ中でしたから、懐かしい思いがよみがえってくるかもしれません。楽しみだな。


<< 桑名エキトピア 2012 行っ... 右傾化ってなんなのさ?マスコミさん >>