私の相棒 ねんざくん

1年半ぶりにサポーターを買い替えに整形外科へ行ってきました。

3年前にソフトボールの試合前に公園の木の根っこで転んで無理してその後ソフトを2試合もしてしまい、そのあと足首がソフトボールぐらいに腫れあがってしまい、小さな個人の整形外科に行ったら、靭帯が切れてなくなっているので運動は2度とできないと言われ泣いて帰りました。歩きにくいので松葉つえを貸してほしいと頼んでも、そんなの一生松葉つえをつく気か。慣れろ。とい追い打ちをかけるようなお言葉。
しかも、先生本人がレントゲンを撮ってくれたのですがX線防御のエプロンも着けずに撮影してました。めちゃくちゃワイルド。

その後、ソフト仲間のアドバイスで、他の大きな整形外科へ行ったら、なんと、サポーターをつけてならソフトもやってよいでしょうと言われ、天にも昇る気持ちで、お医者さんのあっせんで買った、足首サポータの、ねんざくんです。

名前がねんざくんなんてなんだかなあという感じですが、保険で1年半に1回買い替えて今回で3代目です。

b0099084_16543046.jpg


まあ、1年半ぶりに行くと大きな病院なので先生が変わっていて、サポーター変えるだけなので患部を見ることもないのでなんとなく最後まで話をしっかり若い先生が聞いてない感じで、感じ悪かったです。
そんなに混んでいないのに、雑なかんじでした。

なんかモヤモヤするので、ハッピーな気持ちになりたいので回転すしへ行きました。
平日の昼間ってお得なランチがあるんですね。
b0099084_1713987.jpg


ちょっとピンぼけですが、蒸したカキのにぎりがおいしかった。ああ日本に生れてよかったと思うこの瞬間。

茶碗蒸し、カキフライ、うどん、上寿司6個がついて1029円でした。にぎり寿司徳兵衛というチェーン店です。
まんぷくでハッピーになりました。
シニアの人たちでにぎわってました。どうやら常連たちさんのようです。
by ekiseicherries | 2013-01-30 17:04 | その他


<< 日本の米の苗はオーストラリアに... 鈴木先生を見ました >>