人気ブログランキング |

アメリカ テキサスでのTPP反対集会



アメリカ テキサスでのTPP反対集会の様子です。
演説しているのは、マレーシアから参加した、スミス女史です。

これ、日付けをみると、2012年5月12日とあって、去年、フェイスブックでも呼びかけがあって、世界一斉TPP反対行動があった日です。
私も、名駅前でビラ配りをしました。なつかしいです。
あれから1年、まさか、自民党政権になったのに、TPP交渉参加、なし崩しで、どんどん進んでいきます。

TPPでのうまみを得るのは、各国国民ではなく、大企業だけです。
薬価も、日本では、今比較的安価に落ち着いているのは、法律での規制があるからです。
しかし、不満場からいあおるマスコミにはそのことを報道しません。
それどころか自由貿易で、国民の生活が良くなるようなウソを言っています。

ゴールデンウィーク、国民栄誉賞や、他のことに目をそらされて、何十回と同じニュースは繰り返されますが、

本当に大事な情報は、隠されて報道されません。

マスコミのこの都合の悪いことにはふたをして、国民は鵜呑みにしてそれを信じるという状況が、
TPPのことをより、分かりにくくしている原因でしょう。

TPPでジェネリック薬品は、なくなり、薬の値段は高くなります。

国民健康保険を守れたとしても、それとは別に確実に薬価は高くなるでしょう。

ひとごとと思って、関係ないわといっても、病気やけがをしない人はいないので、貴方にも関係ありますよ。
by ekiseicherries | 2013-05-07 14:34 | TPP


<< 憲法について考える TPP自民党決議案を送る 署名... >>