赤い鳥逃げた



みなさん、ごぶさたしてます。あっという間に秋ですね。今が一番過ごしやすい季節です。
最近、ふと若いころ聞いた音楽が、浮かぶことが多くなました。年のせいかな。
中森明菜は去年紅白で久々に姿を見せてくれてうれしかったです。レコード大賞を二年連続で取ってまさに絶頂にあったころの歌です。

ミ・アモーレという曲が二曲目のレコード大賞受賞曲です。この曲の最初は、歌詞が違っていました。
地味な内省的な歌詞なので書き換えられました。歌詞の変更を知った作曲した松岡直也によってそれに合わせて曲のアレンジも派手目に変えられました。インパクトがある歌詞に仕上がったのがミ・アモーレです。しかし私はこちらの方が好きです。

そのボツになりかけた歌を後で発売したのが、「赤い鳥逃げた」という曲です。内省的な歌詞の内容が地味だというので、ミアモーレに書き直されたのです。曲もロングバージョンでラテン色を強く出して発売されました。シングルバージョンの方は前奏が長く、久しぶりに聞いたら、歌が入ってないのかなと思いました。歌詞を変えた同じ曲を2つ出すことと、前奏が特別に長いことと、当時は斬新でした。
この曲もヒットチャートで一位になり、中森明菜はアイドル全盛時代の80年代においてまさに飛ぶ鳥を落とす勢いの頃です。

この曲の作曲者、松岡直也さんをご存知でしょうか。去年お亡くなりになられたそうで、知りませんでした。残念です。 80年代のジャズブームで、よく野外ジャズフェスティバルに行って生で演奏を聴きました。ラテンのリズムを取り入れた、かつ親しみやすいポップな音楽を提供してくれました。ヒゲのダンディな温厚そうな方で情熱的で軽快なピアノ演奏をされてました。
b0099084_81511.jpg


青い三角定規の「太陽がくれた季節」の編曲者でもありました。

b0099084_816084.jpg


中森明菜がこの赤い鳥逃げたをテレビで歌ったのは1回限りです。ベストテン番組ではミ・アモーレしか歌ってないのですが、30年経っても心に残っているのは、それだけ歌詞の内容や、松岡直也グループの演奏などが、完成度が高かったからです。

歌い始めは、小さい声でささやくように歌い、曲のサビの部分では、声量を出して歌に表情をだしています。明菜ちゃんの多く歌の最初は、音声が調子悪いのかといつも勘違いしてしまいます。そうじゃなく楽曲の中に自分の世界を作っているのです。
試しに、サビの部分は、歌ってみると、声量がいる曲で、なかなか歌いこなすのは大変です。音域が広く難易度の高い曲です。

中森明菜はこの映像のときは、二十歳そこそこです。大人びた落ち着いた表情、曲の世界を作って歌っているのは、ただのアイドルではありませんね。
[PR]
by ekiseicherries | 2015-11-08 08:19 | 芸能 | Comments(2)
Commented by mabo89 at 2015-11-09 09:31
お久です!しかしなんですね~?芸能界って本当に浮き沈みの激しい世界ですね?
あの頃の中森明菜って言えば、本当に飛ぶ鳥も落とす勢いだったのに・・・
何が原因かは知りませんが急に消えてしまいましたね?
本当に怖い世界だと思いますね!でもそんな不安な気持ちや腹立ちを昨日の
プレミアム12でオールジャパンの選手達が思いっきり憂さを晴らしてくれましたね?
韓国相手に本当にスカッ!とする勝ち方で気分がスゥ~~っとしました。
とにかく頑張りましょう日本人!!!
Commented by ekiseicherries at 2015-11-09 10:14
マボさんお久しぶりです。
そうですね、浮き沈みの激しい世界で、何十年もヒット曲なくても顔をつないでいる歌手は、すごいですね。
1曲ヒットすれば昔の名前で今もでているなつかしの歌手はいますよね。こつこつと営業を続けている方も。がんばり続けることって大変です。
明菜さんは、人気アイドル歌手と側近に裏切られその後の私生活に影響してしまったのかもしれません。タバスコを丸ごと1本使い切る偏食して、ストレスであまり声がでなくなって、去年の紅白やっと復活したのです。しかし、今また休養中になってしまいました。
そんなに人前に出なくてもファンとしては、明菜さんがお元気でいてくれれば、いいんです。
歌は永遠に残るから。今、こうして30年ぐらいしても思い出すのは、私だけでなく多くのファンの心の中に今でもずっといるのです。
ところで昨日の野球の試合見てましたよ、私も。大谷君がすらりとした手足で、スパッと投げた剛速球161KMも出てました。ほかの場面はあまりみてなかったのですが大谷君が投げる場面だけ見ました。大リーグ行ってしまうのでしょうが、日本でずっと長く現役生活続けて200勝を達成してほしいなと思うのは私だけでしょうか。大リーグ行くとイチローは別格ですが、選手生活が短くなってしまって日本に帰ってもぱっとせず終わるのです。打ち上げ花火のようです。
線香花火のように地味で長く続けてほしいです。
お金のことや、待遇が魅力的ですし、選手としては日本としてはもう敵なしで新たな挑戦がしたくなるのでしょうね。イチローや、ダルビッシュ有など、無敵でしたからね。




<< 昭和の歌姫シリーズ 渡辺美里 許せん!国会中に民主党議員が女... >>