安倍総理応援演説 桑名 その2

桑名駅前ロータリーでは、応援演説が盛り上がり、聴衆もだんだんと増えてきました。

b0099084_101523.jpg


そしてやっと安倍総理がいらっしゃいました。



どうやら鈴鹿から近鉄特急で移動されてきたようで、桑名駅構内で女子高生が握手してもらったとか。どこまで気さくなんでしょう。安倍さん。

b0099084_102194.jpg


参院選に、挑戦するのは、山本さちこさん。彼女は母方の祖父が、山本幸雄元代議士でその地盤を岡田克也に譲り引退されたのでした。そのころ岡田さんは自民党でしたし、バックに大きなスーパーがついていたので仕方なかったのでした。そして山本さんは父親が滋賀県の県議で三重の地元ではないものの、祖父や、父親の後姿をみて育ったのであれば、ずぶの素人とは違う何か強い意志を持っているのだと思います。
苦しい時、粘り強く活動を続けていける人だと、期待しています。
b0099084_10385722.jpg

安倍総理の演説は、思ったより長かったです。10分はあったと思います。

野党の人たちは、批判ばかりするだけで、提案がない。そんな人たちには、その手は桑名の焼き蛤だと言ってやりましょう。と言ったら笑いがおこりました。
他の議員にはなかったのですが、ほかにも安倍さんの演説の間には笑いがありました。

そして拍手も何回もありました。
二十年ほど前、ジャスコが駅前ビルから撤退して駅前がすたれ、空き店舗が増え、駅前商店街がシャッター通りになりました。駅前は夜になると鳥のねぐらになり、不気味な鳥の群れと、不良のたまり場になりはてていました。
それが、今はちょっとづつよくなって、10日の演説にこんなに人が集まっている様子は、まるで夢のように思えました。

これからも、明るい未来をイメージするということを私は続けていきたいです。
批判ばかりするだけでは、何も始まりません。現状を批判しかしない政治家は、自分をかっこいいと酔っているとしか思えないです。
こうしよう、ああなったらいいなあという具体的な日本の姿を思い描いていくこと。それは、自分の人生も同じです。国の将来を託せるのは、どの政党でしょうかね。
[PR]
by ekiseicherries | 2016-06-12 10:12 | 政治の話題 | Comments(2)
Commented by mabo89 at 2016-06-12 22:57
安倍さんの話は奈良でされてるのとほぼ同じ内容の様ですね❗️
私は行けなかったのですがお袋が参加したので
内容を聞いてます。
確かに民進党さんは批判ばかりで自分達の主義主張が
全くありませんもんね?
前に政権を取ったあの間の3年半を思い出すと今回は
維新の左巻きがくっついてる分余計にあきませんね?
有権者がしっかりした目で候補者を選びましょう❗️
Commented by ekiseicherries at 2016-06-13 07:52
マボさん コメントありがとうございます。

お母さまから奈良での安倍さんの演説内容を聞かれたのですね。
景気もよくなったし、高校生の就職率も上がったし、自民党政権になってから、確実に良くなったというような内容でした。

野党の連中は無責任なことばかり言っているような気がします。

民進党に合流した元維新の人たち、ややこしいです。
早い話が選挙のたびにあっちへくっつき、こっちは離れと、日和見の人たちですね。
その人たちのほうが民主党よりも左だったのですか。

人数は少ないのに、やっと、名前を覚えられた民主党という看板を変えるぐらい影響力が大きいのでしょうか。

野党の街頭演説は、生で見るのは、この夏はやめておきます。

この桑名でのこの風景が、思い出に残るようにしっかりと、とっておきたいので。



<< 安倍総理応援演説 桑名 その3 街頭演説安倍総理 桑名 その1... >>